名古屋ウィメンズマラソンに向けて~準備その2 シューズ編~

法隆寺ハーフは強風のなか 自己ベストを更新することができました。

画像


その立役者・・・
ニュートンディスタンスⅦ
画像



ニュートンの新シリーズのなかで一番軽量のこのモデル
アッパー(顔の部分)がメッシュ生地を使用しているので、とにかく履き感が良い

昔に比べるとだいぶとマシになったけど、私は少しばかり外反気味で
シューズによっては痛みがでることも・・・

ニュートンについてはディスタンスもグラビタスもどちらも履き感がGOOD

POPと呼ばれる前足部分の突起があることで自然と前傾姿勢になることから、
スピードが出やすい、スピードに乗るモデルです

実際、法隆寺ハーフでは風の影響を受けにくかった前半10キロまでのスピードには自分でも驚きました
足が回っている感覚があって、いつも以上にスピードが出た、いや出てしまいました。

「足もつかな・・・?」という不安も出始めたころに、「北風と太陽」が対決し始めたように突風が吹き、
遮るものもなにもない道で次々周りのランナーが大きく減速しはじめ、
私も例にもれず、大減速・・・・・
画像

ドリフのコントちゃうかと思うような風に、笑えてきました
もうそうなったらPOPの威力もなにもない・・・・(笑)

でもその風を言い訳にして中盤は失速するものの、最後は追い風にも助けられニュートンの働きをまた感じることができました


おかげさまで女子総合3位
画像

ありがとうニュートン


ニュートンは以前にも履いていましたが、今回のモデルからインソールに「ニュートニウム」と呼ばれるフォームが入ったことで、軽量のまま以前よりクッション性がアップしています
このフォームにはニュートンも自信を持っておられるようで、担当者さんとお話ししてもそれが伝わりました

グラビタス7 も練習で試しています。
画像

ディスタンスに比べると突起は柔らかい素材で、後ろにはラバーが付いていることから、
履き感はディスタンスよりしっかりとした印象がありました

アッパー(顔の部分)の補強がディスタンスよりあることからその印象もついてくるかもしれません。
それが良いかどうかは人それぞれのような気がします

さて、私はどちらを名古屋ウィメンズマラソンに使用しようか・・・・・

これまでフルマラソンで使用していたHOKAのトレーサーのクッションが絶大すぎるので(笑)
ディスタンスとグラビタスを比べると、柔らかく感じるグラビタスのほうが安心感がある・・・・

でもディスタンスでハーフを走ってダメージがなかったので、ディスタンスにしたい気もする・・・・

悩ましいです


最近は交互に履いては「やっぱりディスタンスにしよう」と言ったり、「グラビタスにしよう」と言ったり、毎日言うことが変わる状態です
画像


店長ORAOに答えを求めても、「エエほうで走ったらいい」と言われ、

「どっちもエエから悩んでるんや~」と贅沢な悩みをぶつけています(笑)



ニュートンを勝負シューズにすることは決定
どちらにするかはもうしばらく悩みます。

もうあみだくじか何かで決めてしまおうか・・・・


ニュートンは通販でもご購入いただけます

画像

ウィメンズ ディスタンス
https://item.rakuten.co.jp/runwalk/newton-distance7w1/

画像

メンズ ディスタンス
https://item.rakuten.co.jp/runwalk/newton-distance7m/


画像

ウィメンズ グラビタス7
https://item.rakuten.co.jp/runwalk/newton-distance7w/

画像

メンズ グラビタス7
https://item.rakuten.co.jp/runwalk/newton-distance7m/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック